■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 女帝と女上司と

<<   作成日時 : 2005/10/28 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日のことになるが、新聞に載っていた記事でちょっと気になったのが皇位継承権問題。
朝の忙しい中にチラッと見ただけだが、それでも気に留める記事ではあった。
まず内容は皇位継承権資格を女性皇族にも与える、というもの・・・つまり女帝が今後ありえるかどうか、という話。これは大変興味深い。
まず私なんかは小難しい問題はわからない。事実上の継承問題がどうであるとか、
このままでは現在の皇族の状態からして次期天皇がどうなるか・・・とか、
そういったことが本当の議題の理由なのだろうけれど、私はむしろ(どういう状態であるにせよ)こういう結論に至ることが出来た現代の潮流に面白いものを感じる。
つまり、同じようにお世継ぎ問題が出ていたとしても、戦前戦後直後あたりではこういう結論、つまり女性皇族にも皇位継承件を与える、なんていうことはまず考えもつかなかったろうからだ。
まず、NEWSの抜粋から。↓

私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議は25日、首相官邸で第14回会合を開き、皇位継承資格を女性皇族に拡大し、女性・女系天皇を認めることを全会一致で正式決定した。11月末にまとめる最終報告に明記する。〜「男系」によって受け継がれてきた天皇制は歴史的な転換点を迎える。

最近、ドラマでは『上司』に女社長やら女編集長やら、バリバリに働くキャリアウーマンやら女弁護士やらがわんさと活躍する。おまけに今晩見たドラマは『大奥』だった(笑)
ついでに言うと、おそらく日本の多くの家庭で財布の紐を握っているのは『母』であり『妻』である。
そしてもうひとつ、数日前のバラエティ番組でのアンケートで「上司にしたい女性有名人」を統計したところ、1位は和田明子、2位は田中真紀子であった。完全に私の予想通りだったのが嬉しいやら笑えるやら。どちらも納得のいく番付だ。
そして今日、会社の飲み会で来年あたり○○さんがこの社長の椅子に座ってるんじゃないか?なんて、半分は冗談にせよ、女性社員が言われていた。半分は。
私は女性が帝としてたつのはかえって良いことなんじゃないかとも思う。天皇はあくまで国の象徴、やおやかに美しく優しく、そこに居てくだされば良いわけだ。そうでないといけないと思う。
本当に政治と皇室とを切り離す意味でも、こういうことは良いのではないか?
そして・・・もう一つ。 男は案外、女性が上に立つのを一回容認してしまうとものすごく積極的にそれを受け入れるのでは?と思ってしまう。先に言ったようなドラマやらメディアやら、もちろん漫画の主人公だったり・・・そういういろいろなものを見ている限り、SMではないが・・・
いがいと、男って女の尻にしかれるのがすきなんじゃないかと思ってしまう。
これは言いすぎか。 女性をきれいにしてやれることに、力を発揮できる、といったら良い響きかもしれない。 まあ、なんにせよ、これからがいろいろな意味で楽しみな皇室である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女帝と女上司と ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる