■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 年賀状戦争

<<   作成日時 : 2005/12/21 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も年賀状の季節がやってきた。
毎年思うことだが、年末の忙しい時に、まだあけてもいない年の瀬に、
「あけましておめでとう」などという決まり文句をしたため、
毎日あっている友人に葉書・・・『年賀状』を出す、というのはなんとも間抜けな気がする。
今年、知り合ったばかりの人、友達になった人に対して
「年賀状出すから、住所教えて?」というのも、なんだかなあ・・・とおもう。
年賀状に代わるものとして海外では『クリスマスカード』なのだろうけれど
その方がよっぽど利に、時期に、場面にそぐっていると思う。
何が楽しくて、あけてもいない、この忙しい年末に、2週間も前から大量の『状』を
ださにゃならんのだ?と言う人と、出そうにも出す相手がいない事実を目の当たりにして
迎える新年を憂鬱に思う人もいるかもしれない。
出せば出すで、向こうから来なかったらどうしようとか、
出さなきゃ出さないで、向こうから着たらどうしようとか、いろいろ悩むのも困りモンである。
お歳暮、お中元ともに、こんなもんなくなればいいと何度思ったことか。

けれど、私は友人に手書きの年賀状を書いている。
少なくとも来るとわかっている親しい友人には、必ず手書きの絵を添えて出している。
とうとう年に一回も合わなくなった友達にも、何故か未だに出している奴が2人ほどいる。
年賀状、これは私の中では一つの人間関係状況確認状のようなものだ。
年の終わりに調査書を送って年の初めに結果がわかる、検査機関のようなものかもしれない。
年の瀬に何を世知辛いことを・・・と思うかもしれない。
しかし、実際こんなもんだ。
ただ、そんなわくにも当てはまらない友達に限って、本当に親しい友達だったりするのは間違いない。なにしろ、私の周りには変わり者が多いのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年賀状戦争 ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる