■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 『眠れぬ真珠』 by 石田衣良

<<   作成日時 : 2006/07/18 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

画像銀河鉄道999のメーテルと鉄郎の別れのシーン、そして一条ゆかりの作品に、こんなのがあったなぁ・・・と、思い出した。ただ、あちらはハッピーエンドではないけれど(笑)

石田作品って、素直でストレートで、解りやすい人文描写だから楽だ。
切ない話や悲しい話も多いけれど、とても感情や考えていることが単純で、
たとえ「そういう気持ちになる」過程は複雑だったとしてもそういう気持ちになるだろうなという雰囲気というか・・・納得いってしまう。共感が出来てしまう。

ラストをああするところは、石田先生の人柄が優しすぎるんだろう(笑)
普通はこれは、メーテルの如く去っていってそのまんま。結ばれることはなく彼の成功を影で見守り続ける・・・というのが所謂「美しい別れ」だろうから。
多分、小説としてもその方が味があるのかもしれない。

でも、コレはコレでいいのかも、と思う。
人間って情けないくらい未練がましくて、貪欲で、「はいそれまでよ〜」なんてわけにはなかか行かない。私なんぞは、「愛する人の幸せのためなら身を引ける」なんて奇麗事、実際どこまで本当やらと勘ぐってしまう。
だから、これはこれで、いいのだ。

出来れば彼女の主観からのみの描写ではなくて、もうちょっと彼からの視点や感情、心理描写が欲しかったかなとも思うけれど。
だって、あまりに簡単に東京帰っちゃうから・・・そりゃないでしょ?って。
あんな単純に引いちゃう男が、(後から)真実を知らされたくらいでもう一度やり直そうなんて、言い出すか??
どうにもこうにも、若い男に魅力がなすぎる。むしろダメ男の方がかっこいいぞ!中年男!

でもまあ、優しさに包まれた作品だ。
中年女性の方に慰めとなること。OK!


眠れぬ真珠
眠れぬ真珠

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
眠れぬ真珠(石田 衣良/著)
版画家の中年女性と若い男性の恋で… ...続きを見る
活字中毒のブックレビュー
2007/07/21 17:28
『眠れぬ真珠』石田衣良 を読んで
眠れぬ真珠 (新潮社)石田衣良 内容紹介 恋は、若さじゃない。愛は、経験じゃない。恋愛小説の真髄、石田衣良の真骨頂! 「今の、このときを忘れないでね。わたしのこと、忘れないで」「どうして、忘れないでなんていうんですか。まだ始まったばかりなのに」女性版画家と17歳.. ...続きを見る
そういうのがいいな、わたしは。(読書日記...
2008/03/16 11:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
空蝉さん、こんばんは♪
活字中毒日記のトラキチです。
なかなか楽しい感想書かれますね。
これは本音で面白いと思います。
TB出来ませんでした。
アドレス記させていただきますね。
http://torakichi.jugem.cc/?eid=465
よければ新刊グランプリご投票お願いします。
トラキチ
2006/07/20 01:25
早速来て下さって有難うございます!
私なんぞの書きなぐりを読んでいただき恐縮です;;
読む時間もなければ、書評なり感想なり書く時間もままならない毎日ですがこれからも少しずつ書き&読みためたいと思います。
これから新刊グランプリにも参加させていただきますね。
空蝉
2006/07/20 20:12
こんにちは。濫読ひでと申します。
私はこの本については、石田衣良としてはなぜ?という感じが否めませんでした。
記事を書いたので、トラバさせていただきます。
濫読ひで
2006/10/21 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
『眠れぬ真珠』 by 石田衣良 ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる