■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 『フィッシュ・ストーリー』 by 伊坂幸太郎

<<   作成日時 : 2007/02/13 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
待ってましたとばかりに買い読んだ伊坂さんの新作!・・・だったのだけど、
今までの中では一番不発かな・・・と思う。不発、というほど悪いわけでは決して無いけど。
確かに今までの作品群の登場人物たちのその前後談、という意味では番外編を楽しむ漢字で面白い。伊坂作品を網羅している読者には2倍のお楽しみになっただろう。
けれど、いつものドキドキ感というか、ワクワク感というか、
早く続きを読みたくてたまらない!という臨場感が無いのも事実。

でも、私はこういう作品があっていいのだと思う。
そんじょそこらのもんを読むよりは勿論、面白いし 相変わらず仲間?同士の会話のリズムは楽しい、面白い、クスリと一人で笑ってしまったりする(^_^;)

で、一番面白く・・・というか涙誘って読めたのが『ポテチ』
『チルドレン』でも思ったけれど、こういう、「強くてバカ」な男が実はすさまじい過去とかトラウマとか抱えていて、最後に泣くシーンを見てると・・・
正直私は弱いのだ。
ありえない行動をとってしまう男に惹かれる・・・困ったもんだ(笑)
にしても。『ポテチ』はやっぱり伊坂さんらしい伏線があちらこちらに含まれていて
この中では一番、らしい、作品じゃないだろうか。
最近なにかと話題性のあるのが凄味のある母や祖母をテーマにした作品。
『東京タワー』『がばいばあちゃん』などに始まって全体的にそういうのがウケル傾向があるように思う。 だからというわけじゃないけど、この『ポテチ』にもカッコイイ母ちゃんが出てくる。
上記のような作品と違って、ほんの少ししか出てこないし、感動的な会話があるわけでもない。けれど彼は泣いた。それだけで十分。

ともかく、この本を読む前に伊坂ワールドをまず網羅すべし!

フィッシュストーリー
フィッシュストーリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『フィッシュストーリー』/伊坂幸太郎 ◎
皆様、明けましておめでとうございます。今年も是非によろしくお願いいたします。 さて、久し振りに、伊坂幸太郎です。いやぁ〜、ホント読み応えがありますねぇ、伊坂さんは。まだ数作しか読んでないんですが、あちこちで登場人物が関係し合ってるんですよね。それを発見するのが、結構面白いです。 水無月・Rが好きなのは『オーデュボンの祈り』の主人公の伊藤青年なのですが、出てきましたよ〜!まあ、ちょろっと人の話題に出てきた程度ですが。伊藤青年は、あの天然ボケっぷりがいいですよね〜♪ それだけで『フィッシ... ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2008/01/08 23:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
空蝉さん、こんばんは(^^)。
伊坂ワールドたっぷりに、あちこちで人間関係が明かされて、「あの話は、あの頃のことか!」なんて言う読み方をしてしまいました。
とか言いつつ、他の伊坂作品をあまり読んでないんですが(←早く読まねば・笑)。
「ポテチ」の今村母、良かったですよね〜!あの母性あふれる剛毅さは、素晴しいと思います。
水無月・R
2008/01/08 23:36
遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願いいたします。
フィッシュストーリー、実は私はイマイチだったのですが、ポテチは好きです♪ああいうかっちょいい母さんタイプ、近所の叔母ちゃんでもいいからいて欲しいです(笑)
遅れながらあけましておめでとうございます
2008/01/12 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
『フィッシュ・ストーリー』 by 伊坂幸太郎 ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる