■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 『有頂天家族』 by 森見登美彦

<<   作成日時 : 2008/02/24 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

時は今舞台は京都、活躍するは落ちこぼれ狸四兄弟にそれを取り巻く性悪狸に鴉天狗に人間に・・・。鴉天狗の強力な力と美貌をもった半人間・弁天は唯我独尊縦横無尽に三男狸・矢三郎とかつての大天狗にして師である赤玉先生を翻弄し、年末狸鍋を開催して狸界を脅かす。
理想ばかり追う堅物の長男、父の死を境にすべて投げやりになり蛙に化けたきり戻れなくなった二男、どうにもバカな立ち回りばかりする三男、臆病で何にも出来ない四男。
彼ら狸四兄弟を取り巻く問題は、色恋沙汰であり、一族の権力争いであり、喧嘩ごとであり・・・ようは阿呆のなせるところである。
やることなすこと話すこと、阿呆なことこの上ない。そして愛らしいこといとおしい事ほほえましいことこの上ないのである。

彼らの偉大なる父狸が弟の陰謀にはまり狸鍋いされた日を境に、人間と狸と天狗の関係はより一層複雑にねじれて行った・・・しかし。
「一つの大きなさよならが、遺されたものたちをつなぐこともある」
以前なんだったか・・・ある一つの方向を向き一つのものを見つめている時に、愛は発生するのだというような文言を聞いたことがある。
偉大なる父の喪失は彼を失った家族狸たちを、こんなにも強く結び付けている。
そう感じる、感じさせるために後半は描かれているといっても過言ではない。

好き勝手放題やらかしてくれるなんとも暢気な彼らの日常。
あいた口がふさがらないのは何も呆れているからだけではない。
口をふさぐのを忘れるほど、本作品が面白いからなのだ。

笑いあり涙あり、阿呆前回の森見ワールドをご堪能!!


時は現代。下鴨神社糺ノ森には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。 有頂天家族
有頂天家族

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
空蝉さん、こんばんは(^^)。
すっごく!波長合ってますね〜♪(←勝手に決めるな)
私も先日記事をUPしたばかりです〜。
おお、弁天をさして「唯我独尊縦横無尽」は、まさに言い得て妙!更に言うと「自由人と言えば聞こえはいいけど傍若無人」ってのもプラスできますよね!

壮大に破天荒な展開、狸と天狗と人間の三つ巴、まさに「阿呆の血のなせる技」ですね。第2部が楽しみです〜。
水無月・R
2008/02/24 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『有頂天家族』 by 森見登美彦 ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる