■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 『追想五断章』 by 米澤穂信

<<   作成日時 : 2010/03/23 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

画像

学資がなく休学の身の苦学生・芳光は住み込みバイト先の伯父が営む古書店の留守番中、叶黒白(かのうこくびゃく)という作家の短編5編を探して欲しいという依頼を受ける。依頼者は北里可南子、黒白の娘であり5編のリドルストーリーの結末のみを所持しているという。
報酬に釣られ黒白の旧友や掲載誌、関係者を追ううちに、彼女と母親たちの身に起きた22年前の事件「アントワープの銃声」へと辿り付く。
なぜ夫であり父である黒白はこのような本を書いたのか?そしてなぜそれを封印したのか?
事件の真相を訴える5つの「結末」を用意しておきながら、それを描かず読者にラストをゆだねる「リドルストーリー」という形に仕立てなのはなぜなのか?
悲劇的な過去が作家の真意と共に少しずつ明らかになり、残すところあと一遍となったとき、芳光は一つの決断をする。

この物語には5つの物語とそれにこめられた一つの事実と、いくつかの真実がある。
5つの物語は言わずと知れた黒白が遺した小説だ。一つの事実というのはその小説で世に訴えたかったであろう、「アントワープの銃声」という22年前の、妻殺し疑惑事件の真相である。そしていくつかの真実とは・・・父としての黒白と夫としての黒白、その妻、その娘・可南子、そしてこの物語を追うことになった芳光が信じ、想い、そうと認めた真実である。
黒白の遺した小説はどれもゴシックホラーとでもいうのだろうか、例えばポーの「黒猫」や「アッシャー家崩壊」を読んだあとのような・・・なんとも後味の悪い、著者の意図を計りがたい終結を迎えている。 見つかったのは4編。

母が娘を耽溺するあまり火事を引き寄せてしまった「奇跡の娘」。
男が不条理極まりない国の裁判にかけられ妻子を失う「転生の地」。
妻子のために自らの命を断った中国の話「小碑伝来」。
足かせとなった妻子を危険な道へと誘導した男の本意が問われる「暗い逐道」。

どのストーリーも家族と彼らの死が描かれ誰がなぜそうしたのか?誰が生き残ったのか?という肝心要の部分が、結末を読者の想像に任されるリドルストーリーという形をとっている、という共通点がある。
22年前妻子に起きた悲劇とその「スキャンダル」報道に人生を転落させられた著者自身の、世間に対する恨みがこの小説を書かせたのだとしたら、なぜ世間にそれと解るような出し方をしなかったのか?なぜ結末を伏せたのか?
そしてなぜ、結末だけを掲載せずに断片として書き遺したのか?

隠した犯人を黒白とするならば、犯人の知人や友人の言、いくつかの記事により過去の事件もそれによる動機も、順調に明らかになる。
その後帰国した彼が娘と二人過酷な状況と嘲笑の中に埋もれたことを考えれば、そして彼自身の手記を読めばこれら短編を世間への糾弾と真実を訴えるために書いたのだと解る。
しかし最後の謎、なぜその目的である結末を封印したのか? その謎は黒白が生涯かけて仕掛けた深い深いトリックであり、我々読者は最後の最後まで踊らされるだろう。

リドルストーリーは歯切れが悪く後味悪く、それでいて読み終えた後も魅了し続ける実に「いやらしい」スタイルである。(いや、あくまでほめ言葉としてだが。)
著者により放り出された結末を読者が各々の見解でケリをつけるこの形式は、著者が読者に「委ねる」共作という見方をすれば信頼関係の上に築かれる読者に優しい形である。
しかし、そうだろうか? 少なくとも本書と本書に登場する追想された5編の断章は、著者によりこの上なく突き放された形ではなかろうか?
世間への講義新から吐き出すように書き上げたであろう真相を訴える5つの断章は、最終的には「世間」に発表されることはなかった。

人の目を盗むようにこっそりと発表され、事件の真相である結末を用意しながらもそれらは引き剥がされ巧妙に隠された。
唯一その結末に近づくことを許された可南子と芳光すら、幾重にも翻る結末と彼の本意に踊らされていく。
無論、読者である私たちも、だ。
本を読むということ、それは受身であることが多い。
用意された結末と背景を必要としない本文とで構成される物語は世に多く、私たちの多くはその優しい読書に慣れているのである。
読者を突き放したリドルストーリー。
読書するということ、物語の真意を汲み取るということ、能動的に、読者から著者へと挑戦し続けるということ。
その重みに気付き、姿勢を正された一冊であった。



追想五断章
集英社
米澤 穂信

ユーザレビュー:
淡々とすすむ物語20 ...
セピア色の物語。少し ...
物語を通じ「追想」す ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
実物大!エヴァ初号機 富士北麓に出現
エヴァゲリオン実物大初号機建造計画発覚! ...続きを見る
エヴァゲリオン初号機 実物大建造計画
2010/05/20 17:17
『追想五断章』/米澤穂信 ◎
父の死により学費が捻出できなくなり休学、古書店を営む叔父の家で仕事を手伝いながら漫然と同居していた菅生芳光はある日、「亡父の遺稿を探して欲しい」という依頼を受ける。依頼人・北里可南子の父は、生前に結末を伏せた〈リドル・ストーリー〉というスタイルの小説を5編書いていたという。 『儚い羊たちの祝宴』で、最後の最後で愕然とするほど覆される物語に度肝を抜かれた米澤穂信さんの、何重にも仕掛けられた物語構成、堪能いたしました。 いやでも・・・読後感はちょっとブラックだよなぁ、『追想五断章』。 ... ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2010/07/07 20:49
これはもまれすぎでしょ レディー・ガガ
レディガガ、ダイブ 客におっぱいもお尻も もまれまくり ...続きを見る
【おっぱい】 もまれまくり レディガガ ...
2010/08/14 11:45
2010年夏コミケ(C78)盗撮魔出現
コミケでレイヤーのパンツを盗撮している盗撮魔を盗撮した(笑) ...続きを見る
【C78】レイヤーを盗撮する盗撮魔を盗撮...
2010/08/17 00:09
【C78】レイヤーを盗撮する盗撮魔を盗撮【コミケ2010】
コミケでレイヤーのパンツを盗撮している盗撮魔を盗撮した(笑) ...続きを見る
2010年夏コミケ(C78)盗撮魔出現
2010/08/24 07:34
秘められた リドルストーリー
小説「追想五断章」を読みました。 ...続きを見る
笑う学生の生活
2011/02/17 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
空蝉さん、こんばんは(^^)。
いやぁ・・・同じ本のレビューとは思えない(^_^;)。あははは。

5つのリドルストーリー、短編を探す物語、過去の事件と、複雑に関係し合う物語がひとつにまとまっていく、構成の上手さにうならされました。
水無月・R
2010/07/07 20:54
水無月・Rさん、何をおっしゃいますか!
私のレビューを読んでも中身がよくわからない人は多いでしょう・・・そんなときはここから水無月さんのレビューにとんでほしいです、皆々様。
ああ…リドルストーリー以上に他人任せな私;;

リドルストーリーという単語を初めて知った一冊でもありました。ほんとに、この構成のうまさ、複雑さ、素晴らしかったです。
空蝉
2010/07/08 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『追想五断章』 by 米澤穂信 ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる