■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 『水底フェスタ』 by 辻村深月

<<   作成日時 : 2011/11/08 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ネットでも書評でも言われている通り、辻村作品らしくない…もしくはこれを新境地とも言うのだろうか。とにかく今までの、ラストに「救い」のある物語とは違ったテイストである。

田舎育ちにありがちな「こんな処に染まりたくない」という反発。都会からやってきた「よそ者」への憧れと劣等感。同年代への冷めた目と、女性への性的興味と恋愛。
つまりは自分は違うのだという優越感と選民意識が溜まり溜まっている最後のスパンが、きっと青春期であったり思春期であったりするのだろう。
それを一度過ぎてしまえばどっちつかずであった彼(女)らは外に出るなりうちに留まるなりして自分の生きる道をひたすら歩いていくことになる。そうして「大人たち」になっていく・・・。

辻村氏の描く小説の主人公の多くは都会出身ではなく田舎出身で、家族やその周囲の環境、田舎の閉塞的な集団生活を卑下しているのだが、自分自身を映し出したような主人公を描き続けてきた著者のこと。もしかしたらこうした感情も(一般論というだけでなく)身に覚えがあるのかもしれない。

舞台である睦ツ代村は過疎化からロックフェスを開催することをきっかけに、言ってみれば村興しに成功した山間の古い集落である。
フェス(ムツシロック)の効果により周囲の村と合併することも無く存続できるほど裕福になったこの村では選挙も無投票で代替わりするほど何事も無く平和な日常が続いている。
フェスの価値も意味も理解せずただ経済的恩恵を受けているだけの村の中、湧谷広海とその父、現村長である穏やかな飛雄だけは心から音楽を理解し愛していた。

何も起こらない日常と閉じた村社会に嫌悪しながらも、それを全否定し出て行けるほどの覚悟も気概も無い広海だったが、その年のフェスで睦ツ代村出身の落ち目の女優、織場由貴美に出会ったことで急激な変化を遂げる。彼自身が言う通り、「魅せられてしまった」というわけだ。
母親の葬式以来である彼女の来訪は瞬く間に村に広がり、村の開発を勧めた家のドラ息子をはじめ多くの野次馬が彼女に群がる。そして彼女自身はまるで興味がないかのようだが、なぜか村に留まっている。

偶然湖のほとりで由貴美に出会い、よりによって村長の息子である広海に彼女は「村を売る手伝いをしてくれない?」と意外な提案を持ちかける。
そして村ぐるみの隠し事と、病死とされた母の死の真相と、不正選挙と大金が動くことを、それに誰より村長である広海の父をも関わっていることを暴き、呪わしい自分の過去と出自への復習を遂げたいと広海にもちかけた。

彼女の真の目的が何なのか、彼女の言っていることが本当に真実なのかどうか。それは最後に一気に明かされるのでお楽しみ頂きたい。


主人公、広海の周りには単純明快、数種類の人間しかいない。
村に染まり生涯そこに留まるものたち。村の秘密を知りながらも隠蔽し続ける大人たちがこれにあたる。
村を捨て否定するもの。悪意すらもって復習する由貴美や最初から眼中に無いドラ息子がそうだ。
そして村を嫌悪しつつも否定しきれず村から出ることが出来ずにいる広海やその従兄弟、友人たち。

ただし。
物語が全て終わった時、そこに残っているのは結局村から逃れることが出来ない者だけだ。
それが全てなのだと。何ものから逃れることも決別することも出来はしないのだと改めて思い知る。

田舎や閉塞的な社会を卑下するもの、何も変わらず何もしないことが良しとされる世界。そうしたものから脱皮して自分は違うのだと信じ込む若者は少なくない。
また、自分が選ばれた人間だと思い込み他人を卑下する幼稚な時期も一度は通る道だろう。
彼、広海の場合は、たまたまそこで「自分を選んだ人」が村に復讐を誓う由貴美であり、村の開発や選挙と言った大事が絡んできたため「事件」となっただけのこと。
この物語はなにも特別なものではない。 誰もが一度は体験したことがあるであろう・・・幼稚でどす黒く、無知な頭の中に様々な感情が湧いては消える、そんな一瞬の物語なのである。

最後に、全てが終わった数日後。彼は「行ってきます」といって学校へ向かうと嘘を言って家を出る。
彼がその後どうなったのかは語られぬままだ。
けれど、彼は「行ってきます」と言ったのだ。
その言葉はいつか帰ってくることを私たちに予測させるに十分である。

行って来ます。行って、帰って来ます。




水底フェスタ
文藝春秋
辻村 深月

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 水底フェスタ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「水底フェスタ」辻村深月
村も母親も捨てて東京でモデルとなった由貴美。突如帰郷してきた彼女に魅了された広海は、村長選挙を巡る不正を暴き“村を売る”ため協力する。だが、由貴美が本当に欲しいものは別にあった―。辻村深月が描く一... ...続きを見る
粋な提案
2012/04/20 18:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『水底フェスタ』 by 辻村深月 ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる