『ブラック・ペアン』 by 海堂尊

最近医療ミステリーに凝っている。
往往にして金の亡者や地位や名誉に普請して医者本来の姿を忘れたお偉方が「悪役」となったり、日本の医療システムの不出来を問題視したり嘆いたりする暴露本が多いこの分野。
どうしたって内容は暗くなるし、その多くは被害者・・・つまり医療ミスやや隠蔽、泣き寝入りする見捨てられた弱者がことの発端となって、時には訴訟すら起こして悲劇のドラマを繰り広げる。
ちょうど『白い巨塔』や『医龍』『ブラックジャックによろしく』のように、だ。
ところが本書にはそれが無い。 舞台は有名大学病院の外科、ともなれば当然癒着やしがらみや政権争いじみた醜い部分が見え隠れする。しかし、そのまま黒く染まっていかない明るさが、ある。血気盛んで口の減らない1年坊主・世良が主人公になって走り回っているからかもしれない。才に溢れすぎてライバル病院から飛ばされてきた高階教授がかっこいいからかもしれない。外科のTOPを牛耳る佐伯教授の狸爺っぷりや、不真面目かつ癖ありまくりで暴勇なのに天才的な術者・渡海らが垣間見せるかっこよさがたまらないのかもしれない。

一癖も二癖もある個性的なキャラが繰り広げる病院内の人間模様、病院社会のあれこれがテンポよく進むので一気に読める面白さだ。
医療モノニしては珍しく患者からのアプローチはない。その代わりひたすら病院内の狭い社会の中でああでもないこうでもない、喧嘩じみた派閥争いもどきが描かれ、その中で一人の一年坊主が成長していく姿が微笑ましくも頼もしい。
   ああ、彼ら(医者)もやはり人間だ。  そう感じることが不安ではなく、少し嬉しい。

物語のクライマックス。
佐伯教授がかつて執刀した「わけあり患者」に再びメスを入れた彼らはその体内に隠されていなければならなかった事実を知る。
開きかけたパンドラの箱を再び閉めなおすために佐伯教授のブラックペインが入る。
パンドラの箱の、そして物語の鍵となるブラックペイン。
鍵をこじ開けようとするもの、見守るしか出来ないもの、再び封印するもの・・・そんな彼らの中に誰一人として医者でないものはいなかった。そう思う。
最後の最後まで狸爺こと佐伯教授の掌で転がされていただけの物語。
良い先輩・上司を持つことは組織そのものを向上させる。
「踊る大走査線」青島君にでも言われそうなせりふがこの作品にもよく似合う。

ブラックペアン1988

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2008年03月03日 22:19
空蝉さん、こんばんは(^^)。
世良の成長と、佐伯教授の医師としての尊厳の高さが、とても印象的でした。
>開きかけたパンドラの箱を再び閉めなおすために~~
パンドラの箱に最後に残された希望。それは、医療従事者の矜持なのかもしれないと、思います。それを目の当たりにした世良の今後も、知りたいなぁ・・・。
2008年04月08日 15:03
ああ!こちらにもトラバ&コメントしてくださっていたことをいまさら知りました;;だめですね・・・忙しさにかまけてちゃ。前作『チームバチスタの栄光』映画も見に行きたいところですよね。

この記事へのトラックバック