■空蝉草紙■

アクセスカウンタ

zoom RSS 「女の一代記」 〜瀬戸内寂聴

<<   作成日時 : 2005/11/25 16:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日から始まったフジテレビの連続ドラマシリーズ第一夜。
今回は宮沢りえ演じる瀬戸内寂聴だった。一応最後までみたのだが
まず最初からこれはちょっとちがうのではないか?と思う。
なにが違うって、 タイトルと同時に堂々と挙げられたサブタイトル
  〜出家とは生きながら死ぬこと〜
これはどうよ?とおもう。
出家・・・仏教に限らず宗教は死ぬためにあるのではなく生きるために有るのだろうに。
どう生きるか? どう生きたか? 
一人の女の生き様を 波乱万丈な人生を克明に描く、というドラマにしたかったのだろうが
これはどうだろう? 中身(ドラマの仕上がり)が云々の前にこのサブタイトルはいただけない。
ドラマを作る側にもう少し配慮があっていいのではないかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「女の一代記」 〜瀬戸内寂聴 ■空蝉草紙■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる